引越し時のダンボールへの荷物の詰め方と入手方法

引越しの梱包で、荷物を適当にダンボールに詰め込もうとしていませんか?手当たり次第ダンボールに詰めていくと、後々になってどこに何があるのか分からなくなって、新居ですぐに使えなくて困ることが良くあります。

新居での生活をスムーズな梱包を目指したいですよね。ここではそんな新生活でストレスにならないための効果的なダンボールの使い方を紹介します。

グループごとに分けてダンボールに梱包する

ダンボールに詰める荷物は、できるだけひとつのグループごとにまとめて梱包するようにしましょう。キッチン用品であればキッチン用品だけでまとめてダンボールに入れ、ひとつの棚にある小物や書類などはひとつのダンボールに入れます。

書籍などは詰め込み過ぎると重たくなってしまいますので、できるだけ小さなダンボールを複数用意して、書籍専用のダンボールグループを作りましょう。

ダンボールの外に内容物と部屋を記載する

梱包が終わったら、ダンボールの外側に通し番号を記入し、簡単に内容物と新居のどこに配置するものなのかを記載するようにしましょう。

  1. キッチン用品 キッチン下
  2. 本 リビング本棚

余裕があれば、それぞれの箱の詳細な内容物をリスト化しておくと、あとになって「どこにあった?」とならなくて済みます。

ただすべての荷物をリスト化するのは大変ですので、よく使うものだけどこに入れたのかを、リスト化しておくだけでも引越し先でのストレスは少なくなります。

あわせて読みたい
引越し荷造りのコツと梱包方法(食器や服・小物など)

まとめ

引越しのダンボールはとても便利なのですが、最大の問題は中身が見えないということにあります。中身が見えないなら外から見て「何が入っているかわかるようにしておく」ことが、引越しのストレスをなくすコツになります。

グループ分けすること、外に内容物の記載をするなどの工夫をして、新居での生活をスムーズに開始できるように工夫しましょう。