口コミから選んだ赤ちゃんのミルクを作るのに最適なウォーターサーバー

ウォーターサーバー 赤ちゃんのミルク

最近赤ちゃんが生まれたご家庭の中には、口コミや評判などからミルク作りにウォーターサーバーを利用しようか検討しているかと思います。

ウォーターサーバーは飲料水としてはもちろん、家庭菜園で水やりに仕様したり赤ちゃんのミルク作りに使用したりと、様々な用途に活かせるのが強みです。

しかし、ウォーターサーバー業者によって、品質管理やRO水・天然水、サーバーの自動クリーン機能など、大きな違いがあります。そのため、赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバーはどれなのか悩みます。

口コミや評判から、赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバーをご紹介するので、現在悩んでいるご家庭は参考にしてみてください。

赤ちゃんのミルクを作る時に口コミから選んだ最適なウォーターサーバー6選

ウォーターサーバー ミルク向け
ウォーターサーバーは、業者によって利用している水やサーバーに違いがあり、場合によっては赤ちゃんに適しているとはいえないケースもあります。

また、天然水の中には、大人には問題が無くとも赤ちゃんにとっては問題がある成分量となっていることもあるので気を付けましょう。

それでは赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバーを、口コミなどから6つ選んだので確認してみてください。

フレシャス

赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバー1つ目は、調乳しやすい温度設定も可能なフレシャスです。

フレシャスは天然水を取り扱っているウォーターサーバー業者で、サーバーの種類が多くデザインの高さにも魅力があります。

また、ウォーターサーバーは熱湯がでるため、小さなお子様が誤って蛇口に手を掛けないよう、蛇口を高い位置に配置。

更にロックボタンも実装しているので、簡単にお湯や水がでないよう設計されています。

赤ちゃんのミルク作りでは70度の調乳が必要で、フレシャスのサーバーでは70度の温度設定も可能です。

そのため家事や育児で忙しい場合に、ミルク作りを手軽かつスピーディにこなすことができます。

フレシャスの水

フレシャスは天然水にこだわっていて、3種類の天然水を用意しています。ただし、3種類中2種類は、バナジウムを含んでいるため赤ちゃんには飲料がおすすめできないポイントもあります。

フレシャス富士:85㎍
フレシャス朝霧高原:180㎍
フレシャス木曽:無し

そのためフレシャスを選ぶ時は、バナジウムを含んでいないフレシャス木曽がおすすめです。硬度は20mg/Lと軟水ですので、飲み口もまろやかでしょう。

また、ウォーターボトルは折りたためる柔らかい素材を採用、ワンウェイボトルですので衛生面でもメリットがあります。

クリクラ

赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバー2つ目は、産婦人科医院にも設置・利用実績があるクリクラです。

クリクラは、妊婦さんや赤ちゃんなどへ向けたサービスを提供しているのが大きな特徴で、赤ちゃんのミルク作りにもおすすめです。

たとえば全国560産院では、クリクラのウォーターサーバーを設置していて、「はじめての水プロジェクト」と題し全国の妊婦さんや母親、赤ちゃんを水で支援しています。また、公式サイトにて、ウォーターサーバーを設置してもらっている産院情報も公開するなど、情報の透明性にも努めています。

ウォーターサーバーは標準仕様と省エネサーバーの2種類があり、省エネサーバーは標準仕様と比較して54%の電気代削減効果を期待できます。また、HEPAフィルターを採用し、ごみや粉塵などの除去機能も実装しているのが嬉しいポイントです。

クリクラの水

クリクラの水は、RO水を採用しています。RO水とは、逆浸透膜と呼ばれる高機能フィルターなどを使用して、あらゆる不純物を除去した水のことです。

そして逆浸透膜フィルターは、性能が非常に高いためミネラルやマグネシウムなどの成分も除去してしまいます。

純水でも飲料できますが栄養面に配慮し、ろ過後にミネラルとマグネシウム、ナトリウムとカリウムを添加した上で、出荷しているのが特徴です。硬度は30mg/Lと軟水ですので、赤ちゃんにも飲みやすい水といえるでしょう。

プレミアムウォーター

赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバー3つ目は、使いやすくお子さんのいるご家庭向けプランも用意しているプレミアムウォーターです。

プレミアムウォーターが赤ちゃんのいるご家庭に向いている理由は、プレミアムウォーター マムクラブと呼ばれる、ママ向けプランを用意しているからです。

プレミアムウォーター マムクラブとは、妊婦さんもしくは5歳以下のお子さんがいる方向けのプランで、割引を適用しています。

たとえば初回設置料金が無料、サーバーレンタル料を300円引き、ノーマルプランのプレミアム3年パックは、年間で1780円もの差が出るのでお得に利用可能です。

また、ウォーターサーバーはスリム設計で、ボトルの設置位置は床に近く(床から20㎝)下向きとセッティングに掛かる負担を軽減しています。更に折り畳みのワンウェイボトルと、保管不要で処分しやすいのも育児や家事に忙しい方に嬉しいポイントです。

プレミアムウォーターの水

プレミアムウォーターの水は、非加熱殺菌の天然水を提供しています。加熱処理を行わないメリットは、溶存酸素と呼ばれる水の美味しさを感じさせる要素を残した状態で味わえるところです。

溶存酸素は、水の中に含まれている酸素量のことで、多ければ多い程不純物の少ないキレイな水を示しています。そして、溶存酸素が減少した場合は、ミネラルなどの栄養分も減少するため、栄養面でも溶存酸素が多い方がよいといえるでしょう。

また、硬度25mgと軟水ですので、赤ちゃんにとっても飲みやすい状態です。解約手数料無料ですので、試しに利用してみたい方にもおすすめのウォーターサーバーですよ。

コスモウォーター

赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバー4つ目は、特許技術を組み込んだコスモウォーターです。

コスモウォーターは、「家族の天然水」というコンセプトのもと、安全性に力を入れたサービス提供しています。特に4つの安全サポートは、コスモウォーターの強みともいえるでしょう。

4つの安全サポートを以下にご紹介します。

お客様サポートサービス
公式サイト内にて会員専用のマイページを実装
ウォーターサーバーの設置作業サービス
破損時の修理サポートや被災時に無償ボトル提供などを含めた補償サービス

そして、もう1つの利用メリットは、特許技術を組みこんだサーバーという点です。

コスモウォーターのウォーターサーバーには、特許技術「鮮度キープシステム」と呼ばれるサービス・技術を実装しています。1つはクリーンエアと呼ばれる機能で、外気を取り込む際に特殊フィルターでホコリなど不純物を取り除いてます。

もう1つは、クリーンサイクルと呼ばれる機能で、運転後48時間ごとに温水タンクに入っている熱湯を、サーバー全体に循環させ熱湯消毒を自動で実行します。(smartプラスサーバーのみ)

更に定期検査による安全性の維持と、ボトルへの封入から出荷から48時間以内をキープするなど、技術面以外の品質維持管理は赤ちゃんにも飲んでもらう上で嬉しいところです。

コスモウォーターの水

コスモウォーターの水は天然水で、モンドセレクション金賞を受賞する程味にも一定の評価を受けています。

他にもたまひよ赤ちゃんグッズ大賞受賞していて、赤ちゃんや妊婦さんにも安心の水であることを示している点にも注目です。また、水質検査を公開していたり、軟水にこだわっていたりと、評価だけでなく数値・結果で赤ちゃんのミルクに適しています。

コスモウォーターは、天然水の鮮度をなるべく落とさないよう素早く宅配するため、採水地は静岡県と京都府、大分県の3ヶ所に分けて配送距離が偏らないよう配慮しているのも魅力です。

月々の支払い(3800円、2本1セットの場合)はボトル・水のみですので、別途料金が上乗せされることありません。安全性や料金プランに納得できた方は、コスモウォーターもおすすめでしょう。

アルピナウォーター

赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバー5つ目は、純水にこだわっているアルピナウォーターです。

アルピナウォーターのウォーターサーバーは、コストパフォーマンスに力を入れているため3種類(床置きと卓上型)と少なく、デザインもシンプルです。しかし、赤ちゃんのミルク作りや、お子さんがいるご家庭で使いやすい機能は残しています。

たとえばエコサーバーは、省エネモードだけでなく自動クリーニングによるサーバー内の殺菌、ダブルチャイルドロックによる不意のコック押し出しによる熱湯放出を防ぐなどの機能を実装しているのが特徴です。

また、他社と比較してウォーターボトルの価格は、12L1本あたり1050円(税抜き)と特に安く、年間で3万円以上(4人分のボトル購入の場合)のコストカットも可能です。

アルピナウォーターの水

アルピナウォーターでは、RO水を提供しています。しかし、アクラクララなどRO水を取り扱っている、他社と異なり純水にこだわっているのが大きな特徴です。

純水とは、ほこりや菌などの不純物だけでなく、バナジウムやミネラルを含む成分も除去された水を指します。そして純水は、味や匂いなどにクセは無く、赤ちゃんにとっては適していないバナジウムも無いため、誰でも飲めるメリットがあります。

ちなみにですが硬度は1.05mgと、軟水の中でも特に数値が低いです。

また、アルピナウォーターが提供している純水は、北アルプスの天然水を原料としているので、元々質の良い水という点も安心材料の1つです。

ウォーターサーバーのデザイン性などよりも、純水にこだわっていたり毎月使用量が多かったりするご家庭は、アルピナウォーターもおすすめですよ。

ワンウェイウォーター

赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバー6つ目は、天然水とRO水を鳥圧っているワンウェイウォーターです。

個別に見ると、コストパフォーマンスはアルピナウォーター、天然水はフレシャスなど他社も優れています。しかし、コストパフォーマンスが良く、天然水とRO水を選べるウォーターサーバー業者は少ない状況です。

赤ちゃんのミルクは1日の中で、何度も作ります。そのため、赤ちゃんのミルク以外にも水を使用しているご家庭にとっては、安全性だけでなくコストも気になります。

そこでワンウェイウォーターであれば、12Lボトル1本あたり1250円(プラスプレミアムタイプ)と他のボトルよりも数100円以上安く、レンタル料や配送料は無料です。

ウォーターサーバーは、白を基調としたデザインだけでなく緑やピンクもあり、コストを抑えながらもデザイン性を高めています。また、ボトルの設置はサーバー下部と楽に設置でき、チャイルドロックやサーバー内部の空気をクリーンにするシステムなど、安全機能も嬉しいところです。

ワンウェイウォーターの水

ワンウェイウォーターでは、3種類の天然水と1種類のミネラルウォーターを取り扱っています。
プラスプレミアム:1250円/本とコストパフォーマンスに優れたRO水、
富士の銘水「彩(SAYA)」: 1900円/本 、富士山の天然水を使用、硬度68mg
京都三岳山麓「京の湧水」: 1900円/本 、三岳山周辺の清流を使用、硬度30mg
九州日田「天寿の水」: 1900円/本 、日田の地下水を使用、硬度62mg

コストパフォーマンスを優先する場合は、プラスプレミアムを選ぶのがおすすめです。ミネラルウォーターのため天然水ではありませんが、独自技術で栄養成分を調整しています。

天然水とRO水を取り扱っている業者は少なく、どちらも選びたい方はワンウェイウォーターをおすすめします。

赤ちゃんのミルクに向いたウォーターサーバーを選ぶポイント

妊婦 ウォーターサーバー
赤ちゃんに適したウォーターサーバーや水の選び方について解説します。ウォーターサーバー業者は、水の種類やろ過方法などあらゆる点に違いがあるので、事前に選び方を把握しておくのが大切です。

水の硬水と軟水を確認する

水には硬水と軟水があり、ミネラルの含有量が多いと硬水、少ないと軟水に分けられます。

日本の場合は1Lあたり100mg以上のミネラルが含まれていると、硬水と区分される規格です。

一方、WHOの場合は60mg未満が軟水、60mg以上120mgが中程度の軟水、120mg以上180mgが硬水、そして180mg以上になる非常に硬水と4つに区分されています。

赤ちゃんや妊婦さんが水を飲む場合は、軟水もしくは純水に近い方がおすすめです。なぜなら、ミネラル分が多いと胃腸に負担が掛かるので、なるべく含有量の少ない水を選びましょう。

天然水とRO水を確認する

ウォーターサーバーの水には、天然水とRO水の2種類存在します。どちらを選んでも基本的に問題ありませんが、天然水の中にはミネラル分を多量に含んだタイプもあるため、赤ちゃんのミルクに適していません。

一方RO水は、水道水や天然水を逆浸透膜に通し、不純物やミネラル分などあらゆる成分を除去します。そして純水へカルシウムなどの栄養成分を添加し、適度な栄養を含んだ水になるよう調整するのが特徴です。

そして赤ちゃんのミルクに適しているのは、純水に近い状態で提供してくれるウォーターサーバー業者です。RO水に添加する栄養成分の配合量は、業者によって異なるので中には純水に近いタイプもあります。(アルピナウォーターなど)

チャイルドロック機能を含むウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの機能は、業者によって異なりチャイルドロック機能を備えたタイプもあります。そして、赤ちゃんやお子さんのいるご家庭は、チャイルドロック機能のあるウォーターサーバーを選ぶのがポイントです。

一般的なウォーターサーバーは、床から80㎝程度の位置に蛇口があり、温水コックと冷水コックがそれぞれ備え付けられています。そして従来品はチャイルドロック機能が無く、コックを押したり下げたりすると、簡単に熱湯と冷水が出てしまいます。

そこでウォーターサーバー業者は、チャイルドロック機能のある二重コック(ロックされているところを押さえながらコックを押したり下げたりする)や、電子式スイッチで長押ししなければ熱湯や冷水が出ない仕様に変えました。

ウォーターサーバー業者の多くは、チャイルドロック機能を実装していますが念のため確認しておきましょう、

ウォーターサーバーの衛生対策

赤ちゃんや妊婦さんが飲む水であれば、衛生面でも特に気を付けることが大切です。そこで、自動クリーニング機能や定期メンテナンスサービスを用意しているウォーターサーバーから、選ぶのがおすすめでしょう。

自動クリーニング機能とは、数10時間ごとに温水タンクの熱湯を冷水タンクや配管を循環し、熱による消毒を行う自動機能です。

そして定期メンテナンスサービスは、ウォーターサーバー業者のスタッフが半年や1年に1回自宅へ訪問し、ウォーターサーバーを分解し各部品を細かく清掃してくれます。

ウォーターサーバーの中には、オプションとして定期メンテナンスを用意している場合もあるので、申込む際に定期メンテナンスサービスも確認しておきましょう。

赤ちゃんのミルクなどを作るためにウォーターサーバーを使用するメリット

ウォーターサーバー ミルク作り
赤ちゃんのミルク作りに、ウォーターサーバーを使用するメリットについて、いくつかご紹介していきます。

水道水でも問題無くミルクを作ることはできますが、少しでも水にこだわりがある方は検討してみませんか。

赤ちゃんのミルクをスピーディに作ることができる

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを使用する主なメリットは、ミルク作りの手間が省ける点です。

ミルクを作るためには、まず電気ポットや鍋で水を沸騰させます。そして、沸騰したお湯を哺乳瓶に注ぎ、瓶に水を当てながら人肌になるまで冷まします。

早ければ5分、他の家事があったり慣れていなかったりすると更に掛かるでしょう。

しかし、ウォーターサーバーの場合は、温水の温度が70度~100度に近い状態です。

そのためすぐに熱湯を哺乳瓶に注ぐことができます。そして数分の差が生まれるので、少しでも時短したいご家庭には大きなメリットです。

ペットボトルのミネラルウォーターよりも購入が楽

水を定期的に購入することを考えた場合、ペットボトルミネラルウォーターよりもウォーターサーバーの方が便利です。

ペットボトルのミネラルウォーターは、基本的にスーパーや薬局で購入します。ネットショップで購入可能ですが、送料も掛かり手数料コストが気になるところです。

ウォーターサーバーは定期的に宅配してくれますし、サーバーに設置すれば冷蔵庫に収納する必要がありません。また、ウォーターボトルは1本あたり12Lや7Lなど大容量ですので、2Lペットボトルを何本も購入する手間も無いメリットを得られます。

ミルク以外にも時短しながら活用できる

ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りだけでなく離乳食などにも活用できます。また、常に温水は70度~90度・冷水は5度~10度と、すぐにそれぞれの温度で活用できるので時短にも繋がるのが主婦の方にとっても嬉しいポイントです。

育児は非常に忙しく、そこに家事が加わると休む暇がなかなかありません。

少しでも時短ができるウォーターサーバーを活用して、効率よく家事・育児を進めてみませんか。

災害対策に繋がる

赤ちゃんのミルク作りや料理の時短だけでなく、災害時の非常用水として活用できるのもウォーターサーバーの魅力です。

地震などの際には、水道が止まることがあります。ペットボトルのミネラルウォーターでも対応できますが、2Lボトルを何本も購入したり管理したりするのは大変な作業です。

ウォーターサーバーの場合は、1本あたり12Lもしくは7Lと大容量ですので、賞味期限の管理や保管がしやすいでしょう。

また、政府が推奨している水の量は、3人家族で1日あたり9L必要となり、ボトル1本で1日程度はまかなうことができます。

停電した場合は温水と冷水を維持できませんが、大容量の水を用意できるだけでも災害時に役立ちますよ。

赤ちゃんのミルク作りなどでウォーターサーバーを利用する際の注意点

赤ちゃんのミルク作りとしてもウォーターサーバーを利用する場合に、何を注意すべきか気を付けるポイントをご紹介します。

常に温水と冷水を利用でき便利ですが、水の使用方法やサーバーメンテナンスに関して注意点があります。

ボトル開封後は2週間以内に飲み切る

ウォーターサーバー業者が提供している水は、基本的に塩素が入っていません。そのため、水道水よりも雑菌の増殖に気を付ける必要があり、開封後は2週間以内に飲み切りましょう。

ボトル未開封の場合は、半年から1年程度の保管は可能ですので、開封前に使用ペースを計算したり、スケジュールを立てたりするのがおすすめです。

ウォーターサーバーの掃除を行う

ウォーターサーバーは、業者のメンテナンスとは別に毎日こまめに掃除することをおすすめします。

最近のウォーターサーバーは、自動クリーニング機能があるため掃除しなくても良いのではないかと考えることでしょう。

しかし、温水・冷水コックやボトル設置箇所などは、頻繁に使用する場所ですので汚れやすく、1週間に1回は拭き掃除や洗浄が必要です。また、空気を取り込んでいる背面もホコリが溜まりやすく、掃除機で吸います。

内部清掃は分解しなければいけないので、ウォーターサーバー業者が提供している定期メンテナンスサービスに任せましょう。

赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバーを選ぶ時は水の成分も確認する

口コミや特徴から赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバーをご紹介しましたが、どれも水の成分や衛生面に関して、特にシビアな管理・提供を行っています。

赤ちゃんやお子さんにとってバナジウムを多量に含んだ水は、下痢などを引き起こす可能性があり、可能な限り避けるべきです。そして今回ご紹介したウォーターサーバー業者は、バナジウムの少ない天然水や逆浸透膜に通して、純水にした水などですので赤ちゃんのミルク作りに適しています。

また、ウォーターサーバーの定期メンテナンスサービスも充実していますし、デザイン性やコスト面にそれぞれ違いがあり、好みや予算に合わせて選べますよ。

まずは水の成分や品質管理状況を確認した上で、ウォーターサーバー業者を選んでてみるのがおすすめです。