オーストラリア旅行で使える海外用レンタルWiFiおすすめランキング【3G/LTE】

オーストラリアは無料のWiFiも充実していますので、使い方次第ではレンタルWiFiがなくても、観光程度ならあまり不便に感じないかもしれません。ただし、Google Mapを頼りに移動したり、地元の人たちに人気のレストランを探したりするならレンタルWiFiは必須です。

レンタルWiFiがあるだけで行動の幅が広がりますし、わざわざ無料のWiFiに接続する手間も必要ありません。きれいな景色があれば、すぐにSNSなどにアップすることもでき、旅の楽しさが何倍にもなります。

ただし、オーストラリアで利用できるレンタルWiFiを検索すると、かなりの数が出てきて、どれを選んでいいのか分からなくて困ってしまいます。ここでは、自分で決めきれないという人のために、おすすめのレンタルWiFiをランキング形式でご紹介していきます。

オーストラリア旅行でおすすめレンタルWiFiランキング

第1位 オージーデータ
第2位 グローバルWiFi
第3位 Wi-Ho(ワイホー)
第4位 FAST-Fi
第5位 JALエービーシー
第6位 ププル
第7位 イモトのWiFi
第8位 jetfi
第9位 テレコムWiFi
第10位 88モバイル

オージーデータ

・1日1,000MB使えて690円
・往復宅配送料完全無料
・1ヶ月前に申し込むと早割で10%OFF

オージーデータは1,000MBのプランと無制限プランの2つのプランがあるレンタルWiFiです。1人で使うのであれば1,000MBで十分足りますので、なんと1日680円で通信量を気にせず利用できます。2人でシェアしても1人500MBずつもあります。3人以上でシェアするなら無制限プランを選びましょう。

いずれも往復宅配送料が無料で、なおかつ1ヶ月前の申込みなら10%OFFになります。物価の高いオーストラリアですから、レンタル料金を少しでも抑えられるのはありがたいですよね。空港での受取りもできて、ほぼ欠点のない魅力的なレンタルWiFiです。

受取方法:空港・宅配便
返却方法:郵送
支払方法:クレジットカード
申込期限:1〜2日前

レンタル料金
オージーデータ basic(1,000MB):690円/日
スーパーオージーデータ(無制限):880円/日

グローバルWiFi

・300MBなら1日776円で利用できる
・無制限プランあり
・国内16空港、2営業所で受取可能

低価格で定評のあるグローバルWiFiですが、オーストラリアで使うとなるとやや割高です。3Gプランならレンタル料金を抑えることができますが、快適なネット環境を求めるなら4Gが必須です。1.1GBもしくは無制限プランを、友だちとシェアして使いましょう。

そんなグローバルWiFiの魅力は、国内16の空港で受取りができるという点にあります。地方空港にもカウンターがあり、羽田・成田・中部・関空・伊丹では、最短10秒で受取りができるロッカー受取にも対応しています。

受取方法:空港・宅配便・現地
返却方法:空港(窓口・返却BOX)・宅配便・現地
支払方法:クレジットカード、請求書払い
申込期限:1〜3日前(空港によっては当日もOK)

レンタル料金(早割)
3G・通常(300MB/日):776円/日
3G・大容量(600MB/日):1,016円/日
4G LTE・通常(300MB/日):1,016円/日
4G LTE・大容量(600MB/日):1,176円/日
4G LTE・超大容量(1.1GB/日): 1,336円/日
4G LTE・無制限:1,896円/日

Wi-Ho(ワイホー)

・レンタルWiFiの老舗サービス
・支払方法が豊富でクレジットカード払いをしたくない人でもOK
・30分前予約で受け取れる直前予約サービス

Wi-HoはレンタルWiFiの老舗で、質の高いサービスを受けることができます。あまり聞いたことのないお店で借りるのは心配という人におすすめです。また、クレジットカード払い以外にも様々な支払方法が用意されているのもWi-Hoの魅力のひとつです。

大手レンタルWiFiですので保有している端末の数も多く、30分前申込みで利用できる直前予約サービスを行っています(1件540円)。レンタルWiFiの申込みを忘れていたという場合には、空港に向かう途中に申込みをして、空港で受取るという使い方ができます。

受取方法:空港・宅配便
返却方法:空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法:クレジットカード、AmazonPay、コンビニ後払い
申込期限:1〜3日前(空港によっては当日もOK)

レンタル料金
通常(300MB/日):850円/日
大容量(500MB/日):1,150円/日
1ギガ(1GB/日):1,350円/日

FAST-Fi

・1日690円から利用可能
・国をまたいでの利用ができる
・日本国内で事前にセットアップできる

オーストラリア旅行でFAST-Fiを使う場合には、世界周遊プランで申込みをします。このため、アジア旅行に比べるとやや割高ですが、それでも350MBなら690円で利用できます。世界周遊プランですので、他のオセアニアの国も周るという人にもおすすめです。

宅配便で受け取れば日本国内で事前に接続設定が可能ですので、オーストラリアに到着してから接続できなくて困るということもありません。ただし、1GBのプランになるとかなり割高ですので、500MBまでのプランで契約して、大容量のデータのやり取りはホテルのWiFiなどを活用しましょう。

受取方法:空港・宅配便
返却方法:レターパック
支払方法:クレジットカード(JCB不可)
申込期限:2〜4日前

レンタル料金
ライト(350MB/日):690円/日(キャンペーン価格:510円/日)
スタンダード(500MB/日):980円/日(キャンペーン価格:750円/日)
プラチナ(1GB/日):1,580円/日(キャンペーン価格:1,480円/日)

FAST-Fi

・空港引渡手数料など諸費用不要
・無制限で1日1,000円
・JALマイルが貯まる

オーストラリアでパソコンをネットに接続させたいという人や、移動中に動画を楽しみたいという人には、JALが提供するレンタルWiFiのJALエービーシーがおすすめです。WEB申込みをすれば1日1,000円で4G回線を無制限で使うことができます。

あまりネット接続しないという人なら、もっと安く借りられるレンタルWiFiはありますが、JALエービーシーなら空港引渡手数料がかかりませんし、JALマイルが貯まります。トータル費用はそれほど高くありませんので、使用用途に合っているという人は選択肢のひとつに入れておきましょう。

受取方法:空港・宅配便
返却方法:空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法:クレジットカード・現金・電子マネー
申込期限:1〜2日前

レンタル料金
3Gプラン(無制限):1,150円/日(WEB申込み:1,000円/日)
4G・LTEプラン(無制限):1,250円/日(WEB申込み:1,000円/日)

ププル

・100カ国で利用できるのでトランジットでの利用もOK
・1日500MBを800円/日+送料だけで利用可能
・日本国内ではデータ通信無制限

ププルはシンプルな料金プランで高い評価を受けているレンタルWiFiです。1日500MBで800円/日のプランしかありませんので、どれを選んでいいのか迷うことがありません。1日500MBでは不安という人もいるかもしれませんが、動画を見るような使い方をしなければ問題ありません。

設定変更なしで他の国でも使えますので、周遊旅行を考えている人にもおすすめです。さらに日本国内では無制限でデータ通信ができますので、国内で接続設定を済ませておくこともできます。仕事が忙しくて受取りが難しいという人のために、職場への配送に対応しているのもププルの魅力のひとつです。

受取方法:宅配便・空港カウンター
返却方法:宅配便
支払方法:クレジットカード
申込期限:当日

レンタル料金
500MB/日:800円/日

イモトのWiFi

・知名度抜群の安心感が高いレンタルWiFi
・1日980円から利用可能
・早割を利用すれば安く借りられる

レンタルWiFiといえば、イモトのWiFiを思い浮かべる人がほとんどかもしれません。サポートがしっかりとしていますので、初めての利用という人でも安心して利用できます。ただし、金額面では他社ほどの魅力がありません。4G回線ですと500MBで1580円もかかります。

ただし早割制度がありますので、早めに予約しておくことで最大20%OFFで利用できます。このため、オーストラリア旅行が決まったらすぐに申込みを済ませておき、友だちと一緒に1GBをシェアして利用するといった使い方がおすすめです。

受取方法:空港・宅配便
返却方法:空港(窓口・返却BOX)・宅配便
支払方法:クレジットカード
申込期限:1〜3日前(空港によっては当日もOK)

レンタル料金
4G/LTE 大容量(500MB/日):1,580円/日(早割:1,260円〜)
4G/LTE ギガ(1GB/日):1,880円/日(早割:1,500円〜)
4G/LTE 30日(500MB/日): 28,000円/30日
3G 大容量(500MB/日):980円/日(早割:780円〜)
3G ギガ(1GB/日):1,280円/日(早割:1,020円〜)
3G 30日(500MB/日): 19,200円/30日

jetfi

・世界中、同じ金額で利用できる
・端末が届いた日に接続設定できる
・モバイルバッテリーレンタル0円

jetfiはアジアプラン・グローバルプラン・使い放題プランの3タイプの通信料金で展開しているレンタルWiFiです。オーストラリアで使う場合にはグローバルプランか使い放題プランを選びましょう。金額はやや割高ですが無制限プランをシェアして使うなら、価格面でのメリットも出てきます。

こちらも端末が届いた日に接続設定ができますので、オーストラリアに到着してから慌てることなく、すぐにインターネット接続ができます。また、モバイルバッテリーも無料で借りられますので、オーストラリア国内で移動が多いという人でも、電池切れの心配がありません。

受取方法:空港・宅配便
返却方法:レターパック
支払方法:クレジットカード
申込期限:1〜3日前

レンタル料金
350MB:980円/日
500MB:1,280円/日
1GB:1,580円/日
無制限:1,580円/日

テレコムWiFi

・レンタルWiFiの大手で安心できる
・当日でも利用可
・全国の主要空港カウンターで受取りできる

テレコムWiFiは1974年創業のレンタルWiFiの大手です。他社のような派手さはありませんが、丁寧な対応とサポートに定評がありますので、安心して利用できるという魅力があります。価格はやや高めですが、24時間日本語サポートを受けられますので、いざというときに助かります。

しかも申込みから30分で受取りができますので、空港に向かう移動中に申し込みをして、空港で受取りすることも可能です。仕事が忙しくて申込みを忘れていたというケースで、テレコムWiFiはとても頼りになる存在です。

受取方法:空港・宅配便
返却方法:空港(窓口・返却BOX)
支払方法:クレジットカード・現金
申込期限:当日30分前

レンタル料金
レギュラー(500MB/日):1,000円/日
ギガ(1GB/日):1,500円/日

88モバイル

・1日840円から利用可能
・空港内郵便局留めでの受取可
・レターパックで簡単返却

88モバイルは国内でもレンタルWiFiを展開しているため、サポートが充実しています。ただし、オーストラリアで使う場合には、300MBでも840円もかかり、1GBですと2,325円もかかってしまいます。価格という面では他社からは見劣りするため、10位という順位になっています。

それでも空港内の郵便局で受取りができたり、返却がレターパックで送れたりと、手軽に利用できるというメリットがあります。世界周遊プランでも同じ金額で利用できますので、オーストラリア以外の国にも行くという人であれば、検討する価値のあるレンタルWiFiです。

受取方法:宅配便・空港内郵便局
返却方法:レターパック
支払方法:クレジットカード
申込期限:1日前

レンタル料金
通常(300MB/日):840円/日
大容量(600MB/日):1,005円/日
1ギガ(1GB/日):2,325円/日

オーストラリア旅行で使うレンタルWiFiを選ぶときのポイント

オーストラリアで使えるレンタルWiFiは、アジア旅行などで使う場合と比べるとやや高めの料金設定になっています。このため、レンタルWiFi選びは慎重に行いたいところです。失敗しない選び方としては下記の4点が挙げられます。

・現地の無料WiFiと組み合わせて利用する
・無制限プランを友だちとシェアして使う
・auを使っている人は「世界データ定額」も検討する
・事前予約で端末を確保しておく

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

現地の無料WiFiと組み合わせて利用する

少しでもレンタル料金を安くしたいのであれば、利用できる容量の少ないプランを選び、現地の無料WiFiと組み合わせて利用しましょう。300MB程度では何もできないと思うかもしれませんが、動画を見たり、FacebookやInstagramのタイムラインを見たりしなければ300MBでも十分です。

どうしてもSNSを使いたいときにはカフェに入って、無料のWiFiから接続しましょう。ただし、いくら安いからといって3G回線を選ぶのではなく、4G回線で利用しましょう。ストレスなく利用するために、そこだけはケチらないようにしてください。

無制限プランを友だちとシェアして使う

オーストラリアで使えるレンタルWiFiは料金が高めですが、無制限プランを友だちとシェアするのであれば、実はそれほど高くはありません。1GB程度のプランをシェアするのでもいいのですが、4人が接続すると容量が不足する可能性があります。

無制限なら、「使いすぎたらどうしよう」と気にする必要もありません。ランクインした中にも、無制限プランが用意されているレンタルWiFiがいくつかあります。それらの中から、自分に最適なものを選んで、仲間とシェアしてお得に使いましょう。

auを使っている人は「世界データ定額」も検討する

基本的にはレンタルWiFiでの利用がおすすめですが、auのスマホを使っていて、データ利用量の多いプランに加入しているなら、「世界データ定額」を選ぶという方法もあります。世界データ定額は1日980円で、契約しているプランのデータ利用量をそのまま使うことができます。

auフラットプラン20に加入していれば1ヶ月に20GB利用できますが、この20GBをオーストラリアでも使えるのが世界データ定額です。オーストラリアに到着してから24時間単位での契約ですので、移動中に利用料金が発生しないというメリットもあります。

事前予約で端末を確保しておく

海外にレンタルWiFiを持っていくことがあたり前になってきたことで、大型連休の期間中は端末が不足するケースが出てきました。空港に行ってから契約しようと考えていると、端末がなくて借りられないなんてことも発生します。

そんなことにならないように、オーストラリア旅行が決まったら、できるだけ早いタイミングでレンタルWiFiを申し込んでおきましょう。イモトのWiFiのように早めに申し込んでおくと、早割価格で借りられるケースもあります。

申込みは数分もあれば終わりますので、面倒だと思っても必ず事前に申込みをしておき、現地でネット環境がないという状態を回避しましょう。

まとめ

オーストラリアは無料のWiFiも充実していますが、それは建物の中や観光スポットに限られていて、スマホの地図をガイドに移動するときなどは、無料のWiFiだけでは不便です。このため、日本で借りることができるレンタルWiFiは必須アイテムになります。

料金はやや高めですので、現地の無料WiFiと組み合わせることを前提に低価格プランを利用するか、無制限プランで借りて友だちとシェアするという使い方がおすすめです。賢くプランを選んで、浮いたお金は物価の高いオーストラリアでの滞在費に回しましょう。