アパートの契約の時に気をつけるべきこととは?賢い契約対策を!

アパートの契約っていろいろと決まりがあって難しいですよね。いくらの収入でいくらの家賃を探すべきなのか、その時に気をつけることとは?初期費用がこんなにもかかるとは思わなかった。などと、特に初めてアパートの契約をする方には疑問が沢山ありますよね!アパートの契約時に気をつけるべきことをご紹介したいと思います!

引越し前に準備しておくべきお金

さぁ、引越しをしよう!家賃1ヶ月分くらいお金があればいいよね?そんな風に思っている方は要注意です。基本的にアパートを契約する時に必要なお金は、「家賃の6ヶ月分」と思っておいたほうがいいでしょう。家賃の6ヶ月分はなかなかすぐに用意できる金額ではないですよね。契約条件によって多少前後することがありますが、だいたいは6ヶ月分くらいになります。内訳としては、

▪️敷金/家賃の2ヶ月分
▪️礼金/家賃の2ヶ月分
▪️仲介手数料/家賃の1ヶ月分
▪️家賃1ヶ月分

となります。もし、家賃8万円のところに住みたいと思えば、48万円前後の費用が必要になります。また、物件によっては、敷金・礼金0の物件もあったり、前家賃が2ヶ月分という物件もあったりとそれぞれの物件によって条件が異なります。少しでも安く済ませたい方は、敷金・礼金0円の物件を狙うと安く済ませることができるでしょう。

また、家賃の金額は収入の1/3と基本的に言われています。1/3を超えると契約の時に書類が通らない可能性があります。いい物件を見ると、つい家賃もあげたくなってしまいますが、1/3の金額を超えないように、高い物件は見ないようにしましょう。家賃が高い物件の方が良く見えるのは当たり前なのです。物件がいいから家賃が高いのです。

契約費用を少しでも安くするには?

契約費用を少しでも安くするには、先ほどもご紹介した敷金・礼金0物件を探すのが手っ取り早いですが、その場合、退去する時に敷金がかかってしまう可能性もあります。しかし、礼金はお礼のお金なので、礼金が0円だからといってデメリットは何もありません。しかし、新築だったり、駅近くだったりと高条件の物件にはなかなか礼金0円物件は見つけるのは難しいでしょう。

お金を払ってでも住みたいと思える物件には基本的には敷金・礼金は最低でも2ヶ月分は当たり前になってくるでしょう。安い物件は、駅から遠かったり、ちょっと不便な駅だったりすると人は入りにくくなるので礼金0円物件は多くなってくるでしょう。最近では「礼金ゼロ円物件」専門に扱っている不動産もありますので、そういう不動産から紹介してもらうのもいいと思います。

最近では、インターネットを通して申し込みをすると仲介手数料が半額になるところも増えていますので、うまく利用するとかなり安く済む場合があります。

情報を集める方法とは?

アパートを契約する時は、とにかく多くの情報収集が必要になります。いろんな不動産でいろんな物件を用意していますが、高条件の物件がある1店舗の不動産でしか扱っていないことも多くあります。そのような掘り出し物の物件を見つけるには、いろんな手段で情報を集めることが必要になってきます。では、どのような手段があるのでしょうか?

▪️インターネットで検索する
何よりも、すぐにどこでも実践できるのがインターネット。SUUMOやHOME’Sなどが人気のサイトになります。かなり多くの物件を載せてくれていますので、希望の条件を入力して出てくる物件を自分なりに探していきます。写真も多く、比較しやすいでしょう。また、新しい物件がすぐに確認できたり、既に成約が決まってしまったり、物件も若干時差はありますが早めに知ることができます。

▪️情報誌で調べる。
本屋さんに行くと、必ずあります。また、無料で配布しているものも沢山ありますので、いろんな情報誌を集めて見比べましょう。情報誌は、あまりタイムリーな情報ではないので、電話をしたらもう成約が決まってしまっている可能性があります。かなり早めの時期に比べる情報として見るにはいいと思います。

▪️不動産窓口へ行って聞く
面と向かって話すのがちょっと怖い。無理やり高いものに誘導されそう。と心配される方も多いかもしれませんが、有名な不動産会社であればそのような方はいませんので安心してください。窓口に行くと、断りにくいということもあるかと思いますが、家に帰ってから検討してみます。といえば大丈夫です。それよりも、窓口が一番最新の情報を紹介してくれますし、成約してしまった物件もすぐに教えてくれます。また、直接その部屋を見るには、やはり不動産を通さなければみることはできませんので、いずれは窓口に行くことになるでしょう。

下見の時のポイントとは?

下見の時に持っていくべきもの

下見のときは、ただ部屋の中を見るだけではなく、ここで生活するとどんなことが起こるのかをイメージしなければなりません。引越ししてから、こんなはずではなかった!とならないように、しっかりと下見をしましょう!

▪️地図
まず、周辺の地図を持っていきましょう。周りにどのようなものがあるのか、どのような雰囲気なのか。駅から歩いてどのくらいかかるのか、どのような道をあるくのか。スーパーは近くにあるのか?夜は女性一人で歩いても大丈夫そうな道なのか?などと、家の中だけではなく周りに何があるのかによって生活が大きく変わってきます。周りには何が必要なのか、しっかりとイメージをしておきましょう。

▪️間取り図・巻尺・筆記用具
部屋の間取り図を印刷して持って行きましょう!図で見る部屋と実際にみる部屋は全然違って見えることがほとんどです。おなじ6畳の部屋でも、横向きなのか縦向きなのかによっても感じる広さが異なることもあります。また、家具をどのように置くのかによっても部屋の形は重要になってきます。巻尺を持って行って、いろいろなところの寸法を測っておきましょう!

▪️カメラ
携帯電話のカメラでも十分ですので、お部屋のいろいろなところを写真に収めておきましょう!いろいろな物件を立て続けにみると、最初の物件はどんな部屋だったかな?と忘れてしまうことがほとんどです。あとで家に帰ってから比べるためにも、しっかりと写真におさめておきましょう!

下見の時の見るべきポイントとは?

下見に行ったら必ず確認をしておいたほうがいいポイントがいくつかあります。入居してから初めて知ったというところがないように、しっかりと確認をしておきましょう!

▪️窓や扉は必ず開け閉めをしてみる
窓や扉は意外と硬かったり、重たかったりすることもあります。また、玄関のドアは不動産の方が開け閉めをしてくれるので、こんなドアだと知らなかったという方もいます。全てのドアと窓を必ず開け閉めしておきましょう。毎日触るところになりますので、ストレスのないものにしたいですよね。

▪️クローゼット、収納扉
こちらも合わせて開け閉めを必ずしましょう!クローゼットに関しては、開けてみないと仕切りがどのくらいあるのかわかりません。細かい仕切りが多く、大きなものを入れられないということもまれにあります。また、収納スペースが狭い場合、しっかりと把握しておかなければ収納しきれなくなってしまう場合もあります。

▪️コンセントの位置、冷蔵庫、洗濯機の場所とサイズ
あらかじめ決められているところはしっかりと把握をして、サイズも測っておきましょう!冷蔵庫と洗濯機の場所に関しては、サイズが大体決まってしまっていますので、そのサイズに合うものを買わないと入れることができない可能性もでてきます。また、コンセントの位置で家具の置く場所も決まってくるでしょう。

▪️騒音や、壁の作り、周りの環境
周りはどのようなものがあるのかによって、騒音があるのかないのか変わってきます。高速道路や線路が近ければ騒音が激しい場合があります。また、学校の通学路なのかどうか。隣の人との壁は薄すぎないか。周りの住人に変な人はいないか。管理費がある場合は、しっかりと管理されているかなど、生活する上で重要なポイントが沢山あります。

また、日照はどのくらい、どの向きであるのかも確認しておきたいポイントです。周りに高層ビルが多く日が当たらない場合は、湿気の原因にもなってしまいます。また、昼間でも暗い部屋になってしまうでしょう。外から見える景色で、同じ部屋でも広々として感じることがあります。日照の具合もしっかりと確認しておきましょう!

下見は複数人で行こう!

下見に行く時は、1人ではなく2人以上で行くようにしましょう!1人では気づけなかったところを指摘してくれたり、どちらか迷っている時にポンッと後押ししてくれるアドバイスをもらえたりします。1人で全てのポイントを把握しておくのは難しいので、友人でもいいのでお願いをするようにしましょう。

また、気をつけるべきポイントもあります。それは、逆に不動産屋さんからもチェックされているということを忘れないようにしましょう!あまりにも非常識な方と思われてしまったら、大家さんに紹介してもらえなくなる可能性も出てきます。また、しっかりした方と非常識な方が同じタイミングで同じ物件を狙っていたとすると、不動産屋さんはしっかりした方を大家さんに紹介する可能性もあります。そういったことも頭に入れながら下見をするようにしましょう。

契約時に必要な知識とは?

契約の手続き時に必要な書類とは?

契約をする時にはいろいろと必要な書類があります。事前にしっかりと用意をしておくことで、スムーズに契約を終わらせることができるでしょう。

▪️住民票
住民票が必要になってきます。こちらは、役場に取りにいかなければなりませんので早めに取りに行っておくことをお勧めします。

▪️印鑑(印鑑証明)
印鑑は押すところが沢山あります。また、正式書類のためシャチハタではなく実印を求められますので、クローゼットの奥にしまっている方は準備をしておきましょう。

▪️収入を証明するもの
会社員の方は源泉徴収票を用意しましょう。会社の方に言えばすぐに受け取ることができます。自営業の方は、確定申告書や納税証明書などを準備するようにしましょう。

▪️銀行口座・銀行印
家賃を銀行引き落としにする場合は、銀行口座と銀行印も必要になってきますので、準備をしておきましょう。

いろいろとすぐには準備できないものが多いですよね。また、平日がお仕事の方は、平日に役場に行くことは難しい可能性もあります。「自動交付機カード」を持っている方は、駅の近くによくある自動交付機で遅い時間でも受け取ることができます。

引越しを少しでも安くするには?

引越しは工夫次第で費用を抑えることができます。一番費用が少なく済むのは、やはり自分で全て運ぶということです。家族や友達に頼んでもいいでしょう。特に最初の引越しは、大きな家具は少ないかと思いますので、普通の乗用車1台さえあれば無料で引越しが完了します。しかし、1人暮らしをしていた部屋から別の部屋へ引越しをする場合は、洗濯機や冷蔵庫などの重たいものもありますので、力持ちの男性が必要になってくるでしょう。

また、乗用車では運べませんので、トラックなどが必要になってくるかと思います。この場合は、怪我をしないためにも安い引越し業者を利用した方がいいでしょう。インターネットで検索すると、安いところで2万円前後で行ってくれるところもあります。また、有名な引越し業者は丁寧に梱包してくれたり、扱いを丁寧にしてくれたりと安心できるポイントは沢山ありますが、費用もかさみます。

最後に

いかがでしたでしょうか?アパートを契約する時のポイントは沢山あることに驚かれた方も多いのではないでしょうか?大きな買い物になりますので、しっかりと見極めておく必要があります。また、一度契約すると、2年契約などで契約破棄できないこともあります。そうならないためにも、事前に細かいところまで生活風景をイメージしておくことが重要です。

また、一緒に下見に行く人は、なるべく自分より経験のある人の方がいいでしょう。1人暮らしの経験がある友人や親と行く方がいいでしょう。一度経験している人は、どのようなポイントで見るべきなのかを自然とわかっている方が多いです。「ここはこうだと使いにくいよ。」や「この広さだと家具を置くと全くスペースがなくなってしまうよ」などと自分ではイメージしきれないポイントでアドバイスをくれることでしょう。自分1人で決めることは難しいかと思います。遠慮することなくいろいろな方に助けてもらって、素敵なアパートに出会いましょう!後から感謝の気持ちを伝えれば、みんな快く助けてくれるはずです!