エアコンはカビの楽園?エアコンのカビ掃除の手順と予防方法

エアコンのカビ

エアコン内部のカビ、見えないところだからと見て見ぬふりをしていたりしませんか?

エアコンを使ったときにカビ臭いと感じたり、肌にかゆみが出る場合には、エアコンの中にカビが生えているかもしれません。

そのまま放置すると病気を引き起こしてしまうこともありますから、ぜひ早めに対処しておきましょう。

エアコンにカビが発生する原因は?


冷房や除湿の運転をする時、エアコンは部屋の中の暖かい空気を取り込んでエアコン内部で冷やすため、その温度差によって結露が発生します。

するとエアコン内部には湿気が溜まるので、カビが繁殖しやすくなります。

また、カビが繁殖するのに最も適した温度は20℃~30℃と言われていますが、エアコンをかけた室内はまさにちょうどこの温度となります。

さらに、カビは人間の生活で出るゴミやほこりをエサとして繁殖します。エアコンはその構造上室内の空気を吸い込むためにほこりが溜まりやすくなっています。

つまり、エアコンの内部には「湿気」「温度」「エサ」という、カビが繁殖するための3つの条件がすべてそろってしまっていると言えます。

乾燥しないためにカビが発生する

通常の運転では内部に結露が発生しますが、そのままスイッチを切ってしまうとその湿気を内部にため込んんだまま運転を停止してしまうことになります。

通常のエアコン運転は内部が乾燥しないのです。それを防ぐためには、エアコン内部を乾燥させてからスイッチを切ることが必要になります。

使用後に送風運転をすると内部を乾かし、カビの発生を防ぐことができると言われています。

エアコンにカビが生えた時の影響は?

部屋中にカビがばら撒かれる

エアコンにカビが生えていると、使用するたびに室内にカビを送り出すことになるので、目に見えないような小さなカビが、部屋の中のありとあらゆるところに存在することになってしまいます。

小さなお子さんがいる家では特に気を付けたいですね。

部屋中にカビがばらまかれるということは、部屋中がカビが生えやすい状態になってしまうということでもあります。

温度や湿度などの条件がそろったときに、壁やカーテン、床などにあっという間にカビが生えてしまう可能性があります。

変な臭いの原因になる

エアコンにカビが生えてしまうと、部屋の中に変な臭いが漂ってしまう原因となります。

逆に言えば、理由はよくわからないけれどカビ臭いと感じる時には、エアコンにカビが生えてしまっていることを疑ってみると良いでしょう。

人間というのは、日常的にかいでいるにおいには慣れてしまって気が付かなくなるものです。

人を招いたときにカビ臭いと感じられるのは悲しいですよね。カビが発生し始めた時に加えて、季節が変わってエアコンンを使い始めた時期も、カビ臭さに気が付くチャンスです。

肺炎の原因になる

エアコンにカビが生えていると、肺炎になる可能性があります。

これは室内に舞う目に見えないカビを、知らず知らずのうちに吸い込んでしまうことが原因で、咳が止まらなくなって肺炎が慢性化したり、肺線維症という病気をひきおこしたりすることもあります。

特定の部屋に入った場合だけ咳が止まらなくなったり、息苦しいと感じるような時にはエアコンのカビを疑ってみるのが良いかもしれません。

場合によっては、熱や頭痛などの症状が出ることもあります。一度これらの病気になってしまうと、放置しても治ることはありません。

それどころか、そのままカビの生えたエアコンを使い続けると症状が悪化してしまうこともあります。

エアコンを掃除しても症状が治まらない場合には医療機関を受診しましょう。

アレルギーの原因になる

エアコンにカビが生えた時には、アレルギー症状が出てしまうこともあります。

この場合、アレルギーの原因となるのはハウスダストやカビ胞子です。これらにアレルギー反応があると目や肌のかゆみやくしゃみなどの症状が出ることがあります。

これらの症状が出た場合には、エアコンにカビが生えていないかチェックしてみましょう。

また、自分自身にそういった症状が出なくても、家族にそうした症状が出ていないかも確認してみてください。

特に、お子さんの場合にはうまく症状が訴えられないこともあるのでよく観察してあげると良いでしょう。

カビが生えたかどうかのチェック方法は?

冷房・除湿運転時に発生する結露

「送風」運転した時の臭い

エアコンにカビが生えた時にはカビ臭いにおいがしやすくなりますが、それを最も感じやすいのは「送風」の運転をした時だと言われています。

熱交換器(アルミフィン)やファンの汚れがある場合には特ににおいを感じやすくなります。普段冷房や暖房、除湿などの機能しか使っていない場合には、一度送風の運転をしてみて、そのにおいをチェックしてみると良いでしょう。

すでにアレルギー症状などの悪影響が出ている場合、送風での運転を行うと内部のカビが多く飛んできてさらに症状をひどくしてしまう場合があります。送風を試してみる前に、メガネやマスク、手袋などを装備して肌を保護すると良いでしょう。

吹き出し口の黒ずみ

シロッコファンやルーバーのカビがあると、吹き出し口に黒ずみが見えます。

エアコンを使っている時には時々吹き出し口をのぞいてみて、黒ずみがないかチェックしてみると良いでしょう。

特に、においを感じた時には必ずのぞいてチェックしてみてください。きっと、そこには黒ずみが生じているはずです。

エアコンの設置場所によっては、意識してのぞき込まなければエアコンの吹き出し口が見えないこともあるかもしれません。

また、人間はにおいにも慣れてきてしまうものなので、カビが生えても気が付きにくいこともあるでしょう。そのような場合には、定期的に吹き出し口をのぞいてチェックする習慣をつけておくと良いでしょう。

風量・風速の低下

エアコンがホコリやカビで目詰まりしてしまうと、風量や風速の低下が起こります。

今までと同じ設定で使用しているのになんとなく物足りなくなってきたという場合には、エアコン内部のカビや汚れを疑う必要があります。

もちろん、外気温が変化したことにより設定を変化させる必要が出てきた可能性もありますが、良い機会なので一度チェックしておくと良いでしょう。

こまめにエアコン内部をチェックして掃除しておくことで、一度にかかる掃除の手間は大幅に減ることになります。

病気やアレルギーのリスクを下げることにもつながりますから、少しでも気になることがあったときには確認しておくと良いでしょう。

エアコンのカビを除去する方法は?


エアコンのカビ除去の方法について紹介します。エアコンを自分でお手入れするときの参考にしてください。

STEP.1
電源プラグを抜く
STEP.2
エアフィルターを取り出し掃除する
STEP.3
電極部分をラップ等で覆う
STEP.4
エアコン内部に専用クリーナー1本分をスプレーする
STEP.5
ファンの部分の洗浄は養生が必要
STEP.6
完全に乾かす

電源プラグを抜く

エアコンのカビ除去作業をする時には、電源プラグを必ず抜いて作業しましょう。エアコンの掃除をする時には液体や薬品を使用します。例えスイッチが入っていなくても、電源プラグが入ったままだと微弱な電流が流れている場合もあり、危険です。電源プラグを抜いてから作業を行うことで、感電事故の危険をなくし、エアコンが故障してしまうことを避けることもできます。

エアフィルターを取り出し掃除する

次に、外側のカバーを外してエアフィルターを取り出し掃除します。

しばらく掃除をしていない場合には汚れが激しい場合もあるので、カバーを外す前には手袋やマスクを装着すると良いでしょう。

汚れがひどい場合には一度掃除機でホコリを吸ってから、軽い汚れの場合にはそのまま水洗いをしましょう。屋外の水道が利用できれば理想的です。

綺麗に汚れを落としたら、日陰干しをします。風通しの良い場所にしばらく置いて完全に乾かしましょう。

電極部分をラップ等で覆う

次に、洗浄液を使う準備をします。フィルターを外すと電極部分が見えますので、ここをラップで覆います。

洗浄液が掛からない様に注意しましょう。完全に覆っておくことが重要です。ここに洗浄液が掛かってしまうと故障や発火の原因となることがあります。

エアコン内部に専用クリーナー1本分をスプレーする

次に、エアコンの内部に専用クリーナーを1本スプレーします。汚れがひどい場合には、その前に掃除機である程度汚れを吸い取っておくと良いでしょう。

この時、強アルカリ性の製品は使用しない様にしましょう。プロの業者の場合には強アルカリ性の製品を使用することもありますが、エアコンの内部を腐食させてしまう恐れがあります。

そのため、素人がエアコン掃除をする場合には、強アルカリ性の製品は使用しない方が安心であると言えるでしょう。汚水は、排水管で外に流れ出しますので、水で流したりする必要はありません。

ファンの部分の洗浄は養生が必要

次にファンの部分を掃除します。このとき、汚水が部屋側に垂れてくるので受け皿が必要になります。

受け皿は、ゴミ袋をカットして作りましょう。エアコンから垂れた水を受けられる形にゴミ袋をカットし、排水のために1箇所穴を開けて、その下に水受けのバケツを置きます。床を汚したくない場合には、床にもビニールを張って養生しましょう。

次に、ルーバーを外してブラシで軽くファンを掃除したあと、洗剤をかけてブラシで磨き、最後に水ですすぎます。そのまま、垂れてくる水がなくなるまで乾燥させます。

完全に乾かす

最後に、完全に乾かします。ルーバーとフィルター装着後、送風運転します。そのまましばらく運転を続けておきましょう。寒い時期の場合には、暖房でも乾かすことができますので、在室するばあいにはそちらを利用しても構いません。

奥の汚れまでは完全に取れない

この方法である程度エアコンを綺麗にすることはできますが、奥の汚れまでは完全に取ることはできません。完全に綺麗にしたい場合には、業者にエアコンクリーニングを依頼するのが良いでしょう。

あまりにも汚れがひどい場合には、一度業者にエアコンクリーニングをしてもらってから、その後のメンテナンスとして自分でのエアコン掃除を続けるのが良いかもしれません。

カビキラーは使用しない

風呂場の掃除などには大きな効果を発揮するカビキラーですが、エアコンのカビ取りには使ってはいけません。

カビキラーは金属を腐食させてしまう可能性があり、エアコンに使用するとアルミフィンが傷む可能性があります。

カビキラーが使用できる場所は説明書に書かれていますから、それ以外の場所には使用しない様に注意しましょう。

エアコンにカビを発生させないために

結露に注意する

エアコンのカビを発生させないためには、まずは結露に注意しましょう。

カビは湿気の高い場所を好みますので、内部に結露が発生したまま放置するとカビが発生する原因となります。

冷房使用後は送風または暖房運転をして乾燥させると内部の結露を乾かすことができます。

除湿を使用した場合も同様です。

ただし、最近のエアコンには内部クリーニングの機能がついているものも多くなっています。

このクリーニング機能が、使用後に必ず働いてくれる場合には手動で乾燥させる必要はないと言われています。

まずはエアコンの説明書や挙動をよく確認してみるのが良いでしょう。

こまめに掃除する

エアコンの内部にたまったほこりはカビのエサになってしまいますから、エアコンの掃除はこまめに行いましょう。

フィルターは1カ月に1度程度の頻度で掃除するのが良いとされています。

毎月この日はエアコンの掃除をする日と決めておくと、長期間掃除をさぼってしまうこともないでしょう。

こまめに掃除をすると、一回の掃除にかかる手間は少なくなります。

エアコンクリーニング業者に依頼する


「時間がなくてなかなかエアコンの手入れができない」、「ちょっと高い位置にエアコンがある」、「埋込み型のエアコンを使っている」など、自分で手入れをするにはなかなか難しい方もいらっしゃると思います。

そのような時は、エアコン専門クリーニング業者に依頼し、自分で手入れが難しいエアコン内部の奥まで掃除してもらいましょう。費用はエアコンの機種にもよりますが1万円〜2万円の間くらいです。

ホコリはもちろん、カビまでしっかりプロの力で落としてくれます。自分で手入れしたけど匂いが改善されない等の場合も、プロにお願いすると改善される可能性もあるので、依頼を検討してみてもいいかもしれません。

エアコンクリーニングの依頼はこちら

引っ越し時のエアコンクリーニングについて詳しくはこちら
アパート退去時のエアコンクリーニングは入居者負担?大家負担?

エアコンはのカビ防止は日頃の手入れから

エアコンの中には気が付かないうちにいつの間にかカビが生えてしまっていることがあります。

エアコンの風がカビ臭いと感じたり、吹き出し口に黒ずみが見えたりした場合には一度カバーを外して中の状態を確認してみると良いでしょう。

内部がひどく汚れている場合もありますので、メガネやマスク、手袋などを用意した方が安心です。

エアコンのカビを予防するためには、内部の結露に注意することと、こまめな掃除を行うことが重要です。

特に、冷房や除湿を使った後にはしばらく送風で運転しておくことで内部を乾燥させることができます。

内部クリーンの機能がある場合にはこの作業は必要ないと言われていますので、新しいエアコンに買い替える場合にはその点にも注目してみましょう。