エーセンス建築設計の坪単価の相場はいくら?口コミ&評判チェック

千葉県を中心とした施工エリアを持ち、千葉県産の無垢材を使用するなど、地元風土に合わせた地域密着型のハウスメーカーのひとつにエーセンス建築設計があります。

自然素材の漆喰や無垢の木のフローリング、左官仕上げの外壁などで仕上げたこだわりのあるカッコいい家をつくります。

本記事では、エーセンス建築設計のおおよその坪単価から、同業他社の費用比較、そして建てる家の特徴や設備、商品ごとの特徴をまとめています。

千葉県内で家を建てようと考えている方には、ご参考にしてください。

エーセンス建築設計の坪単価

エーセンス建築設計のおおよその坪単価は、約60~90万円です。自然素材で暮らしやすくカッコいい家を建てると話題です。

同じ千葉県で、自然素材や無垢の木を使って建てられる他のハウスメーカーと比較してみても、ほぼ同じくらいの金額のようですね。

クリックで見れる坪単価
トミオ約60~80万円
夢ハウス約60~90万円
無添加住宅約60~80万円
ブルースホーム約50~80万円
アメリカンハウス約65~90万円

坪単価は同じくらいなので、金額面以外で検討してみるとよいでしょう。

➤あなたの理想の家を希望価格で手に入れる

エーセンス建築設計の特徴(性能、標準設備)

エーセンス建築設計の特徴は3つあります。それぞれみていきましょう。

施工エリアの風土に適した家を建てる

千葉県は、三方を海に囲まれているため、台風や雨の多く、湿度の高い地域です。そんな千葉県の気候、「多湿」な風土に適した家を建てています。

昔ながらの日本の家の知恵、漆喰と無垢の木を基本にした、本物の素材の家を子供や孫の代まで引き継いでもらえるようなデザインで建てることを心がけているようです。

千葉県の気候風土に適した構造

施工エリアの千葉県に特化した以下のような工法で、快適な家を建てています。

べた基礎不動沈下に強く、耐久性や耐震性、湿気やシロアリ対策に優れた
ハイブリット工法設計自由度の高い「在来工法」と耐震性・気密性の高い「2×4工法」を掛け合わせた「ハイブリット工法」を採用
セルロースファイバー木の繊維から生まれた、環境に優しい断熱材、断熱・調湿・防火・防虫・防音に優れた「セルロースファイバー」
※Sto(シュトー)外壁は、軽く継ぎ目がなく、耐久性の高い左官材(塗り壁材)「Sto(シュトー)」
漆喰壁内装には、調湿・消臭機能があり、菌やカビの発生も抑えられる天然素材の「漆喰壁」で仕上げ
無垢床床は、本物の木を使用した一枚板の「無垢床」。丈夫で耐久性があり、年月が経つほどいい味わいに変化します
内外樹脂サッシ窓は、南・西に遮熱タイプ、北・東には断熱タイプの「内外樹脂サッシ」をそれぞれ使い分ける

※Sto(シュトー)とは、ドイツに本社のある世界シェアNo1の壁材メーカーです。学校や公共施設で多く採用され、外断熱システムと仕上げ材を塗ることで外断熱効果を高める外壁材です。

快適と感じる空間をつくるための設計

長い時間を過ごすことになる家だから、エーセンス建築設計では家に住むみんなが気持ちよく過ごせるように、家事動線や作業効率などを工夫して設計されています。

例えば、

  • 洗濯物と物干し場・クローゼットを近くにして家事動線を短く楽にする
  • キッチンの幅や収納の高さを使う人の身長に合わせて作る
  • いつも過ごすリビングは気持ちよく過ごせる空間にする

商品別の特徴と坪単価

エーセンス建築設計は、お客様が「自然の素材で千葉のいい時間を過ごしてほしい」というのが願いです。床や壁、構造体に至るまで自然のものを使用することにこだわって作られています。

設計を100%自社で行い、建築資材を多く仕入れることで建築単価を下げて、安く建てられるように工夫しています。

以下のエーセンス建築設計の商品別の坪単価は、公式ホームページの商品ごとの紹介より算出した一例です。詳細につきましては直接エーセンス建築設計までお問い合わせください。

藍舎(和モダン)

エーセンス建築設計

家の内と外を緩くつないだ和モダンな家のプランです。

千葉県産の材料にこだわって建てられるため、年間限定5棟となっています。千葉県で育つ木材を最高クラスの乾燥技術で仕上げた高品質なものを使用しています。

地元産業と協力し、地域の産業と山林の保全に力を入れたものです。

地元産の特Aランクの材料を使って、自然素材のものにこだわって室内空間を仕上げています。1~2階につながる大屋根が特徴的です。

藍舎の平均坪単価は、約63.5万円です。

AsWell(北欧モダン)

エーセンス建築設計

無垢の木と漆喰を使った、北欧デザインの家です。多湿な気候に合わせて、無垢と漆喰を惜しみなく使いました。漆喰と無垢が夏場は空気をさらりと涼しく、冬は乾燥を防いで気温を温かく調節します。

また住むことで、床の色が次第に味わい深い色へと変化していくのが魅力です。

AsWellの平均坪単価は、約58.3万円です。

SurfStyle(サーフスタイル)

エーセンス建築設計

千葉の海の家をイメージしたのが、サーファーズハウスです。海や山が好きで、アウトドアが趣味な人にピッタリな家でしょう。

家族や仲のいい友人と一緒に休日は庭でバーベキューしたり、広いガレージで大好きな車やバイクを手入れしたり、それぞれの思い描く理想のライフスタイルを実現できます。

無垢の木と漆喰で仕上げた室内に、大きな吹き抜けとカフェのようなキッチンで家族が思い思いに過ごせますね。 

SurfStyleの平均坪単価は、約64.8万円です。

気になるメンテナンス費用はいくら?

建物のアフターメンテナンスや実施タイミングについてみていきましょう。

アフターメンテナンスについて

建物完成後、設備の使用方法や長く大切に住むためのお手入れのコツなどのアドバイスを行います。

定期点検は引き渡し後から3か月・1年・3年・10年の計4回実施、シロアリ点検は2年・5年の2回実施。定期点検以外で不具合が生じたときにも、エーセンス建築設計の専門スタッフがすぐに訪問し、すぐに対応できるものはその場で対応してもらえます。

住宅瑕疵保証+15年

構造体などに対して第三者機関による瑕疵検査を実施します。

検査合格後の10年間、検査該当部分を保証します。また、ご希望によりさらに15年延長し、合計25年間保証が可能です。その場合、別途保険料が必要になります。

以上の保証は住宅瑕疵保証に関するものとなるため、外壁などの塗替えなどの保証は含まれていません。

外壁や屋根材など使用する素材によっては定期的な塗替えなどのメンテナンス費用が別途必要になります。

エーセンス建築設計の家は、一般的なサイディングの外壁ではなく左官仕上げの外壁のため、直接メーカーへお問い合わせいただくほうがいいでしょう。

エーセンス建築設計の口コミ評判

エーセンス建築設計の評判についての情報は見当たりませんでした

エーセンス建築設計お得なキャンペーン詳細

エーセンス建築設計が行っている、値引きなどお得なキャンペーン情報については見当たりませんでした。

エーセンス建築設計のメリット・デメリット

エーセンス建築設計は地元産の材木を使用したり、無垢材や漆喰などの自然素材を使ったり、こだわりのある家を建てるハウスメーカーです。また地元千葉県を施工エリアとしているため、県外では建築できない可能性があります。

エーセンス建築設計のメリット

編集部
編集部

地元千葉県産の材料や自然素材にこだわった家

地元千葉県産の材木を使用して地域の産業や山林の保全に協力するなど、地域を大切にしているところに好感が持てます。また原材料が、顔の見える地元産のため、安心できるところもありますね。

編集部
編集部

大量仕入れで建築コストを抑えている

無垢材や自然素材をふんだんに使用しているため、建築コストは高くなりがちです。自社で全て設計したり、大量一括仕入れをおこなったりして人件費や材料費などコストカットを工夫されています。

編集部
編集部

地元の気候風土に合わせた家で安心できる

日本の風土に合わせた家はさまざまなハウスメーカーで工夫されていますが、特に千葉県特定の気候風土に合わせているのが強みだと思いますね。

エーセンス建築設計のデメリット 

編集部
編集部

ローコスト住宅と比べると割高

とにかく建築費用を安く抑えたいと考えている人の場合には、エーセンス建築設計の坪単価はやや高額と考えるかもしれません。建築費用は、できるだけ同じ条件のハウスメーカーと比較して検討してみるようにするのがおすすめです。

編集部
編集部

施工エリアは千葉県のみ

地元密着のハウスメーカーになるため、県外の他の地域では施工対応外となってしまうのが少し残念です。

編集部
編集部

建築プランによっては待つ必要も

建築プラン「藍舎」は千葉県産の最高ランクの建築資材を使用して建てられるため、1年間に建てられる棟数は5棟となっています。建築時期などのタイミングによっては、待たなくてはならないかもしれません。

エーセンス建築設計がおすすめなのはこんな人

エーセンス建築設計をおすすめできる方々は、以下のような人です。

  • 千葉県内で家を建てようと考えている
  • 自然素材を使った家に興味がある
  • 人とは違ったこだわりのある家を建てたいと考えている

千葉県に在住または、移住予定があり、無垢材や自然素材を使った家にあこがれている人にはピッタリだと思います。また地元産の材料で建てる家に興味がありましたら、一度モデルハウスへ足を運んでみてはいかがでしょうか。