ひとくちに「引っ越し」といっても、業者によって費用が大きく異なります。また、同じ業者でも、引っ越し時期(繁忙期か閑散期か)や曜日など、ほんの些細な違いで費用に違いが出ます。

私は2年間で3回引っ越しをした経験がありますが、1回目に利用した業者に2回目も頼もうと思って希望日を伝えたら、前回と比べてかなり料金が高かったため、別の業者にお願いしました。

さらに、具体的なサービス内容によっても費用は変わってきます。たとえば、荷作りから荷解きやダンボールの片付けまで業者に任せると、自分の手間がかからないぶん、料金は高めになります。

良い引っ越し業者を見極めるコツは?

引っ越し業者を決めるうえで、まずやっておきたいのは複数の業者の料金を比較することです。同業他社から同じ条件で見積もりを取ることを「相見積もり」といいます。複数の見積もりを比較して、最も良い条件のところを選びます。

引っ越し費用の見積りを取る場合、引っ越し業者の営業マンが家を下見して、荷物の量や種類を確認し、基本的にはその場で見積もり害が出ます。このとき、ほぼ全員の営業マンが「いま決めてくれたら、この金額だけど、後になるとわからない」と言って決断を迫ってきます。

私が以前、頻繁に引っ越しを繰り返していた時期につかんだコツは、「同じ日にすべての引っ越し業者の営業マンを時間差で呼んで、最後の業者が帰ってから、最も良い条件のところに決める」ということです。

まず、先方には正直に、「今日は複数の業者に見積もりをお願いしている。必ず今日回答するから、夜まで待ってほしい」と伝えます。

それでも「今でないとダメ」と粘られたら、そういう業者はたとえ料金が安くてもそこで私から断っていました。というのも、会社の顔である営業マンの融通がきかないということは、実際の引っ越し時の対応も似たようなものだと想像できるためです。あとで困るよりも、見積もりの時点で断るほうが気楽ですから。

そうやって複数社から相見積もりを取ったら、経費の総額だけではなく、個別の内容もふまえて総合的に判断して決めます。たとえば、配送代は最安値だがエアコンの設置費用が高いという例や、荷物の総量制限を超えると割高な追加料金がかかる例ながあるので、確認しておきましょう。

ちなみに、相見積もりをお願いする業者の数は、私の経験からすると「4〜6社」が妥当だと思います。10社だと自分も面倒で対応できません。逆に2〜3社だと少ないと思います(仮に1社の対応が悪いと、残りの1〜2社から仕方なく決めることに)。

引っ越し費用を安く抑えるコツは?

  • 引っ越し費用は、次のポイントを考慮して決まります。
  • 時期(閑散期のほうが繁忙期より安い)
  • 距離(近いほうが安い)
  • 荷物の量(トラックの大きさにより費用が変わるため、少ないほうが安い)
  • 必要な作業員数(少ないほうが安い)
  • 荷造り(業者に頼まず自分で荷造りをするほうが安い)

ここまでは当然のことですが、さらに次のポイントにも気をつけると、費用はさらに安く抑えられます。

  • 業者の大きさ(小さい引っ越し業者のほうが大手よりも安い)
  • 引っ越し日までの時間(早く決めたほうが安い)
  • 引っ越し日の候補(多いほうが安い日を選べる)
  • 引っ越し日の曜日(平日のほうが土日祝日よりも安い)
  • 引っ越しの時間帯(早朝・夜間のほうが昼間よりも安い)
  • そのほかの希望(業者におまかせにするほうが細かく指定するよりも安い)

以上の条件をうまく活用するには、自分にも余裕がないといけませんので、早めに引っ越し業者を手配することが重要になります。新居の入居日が決まったら、すぐに業者を検討して、引っ越しの準備を始めましょう。

引越し一括見積りで引越し料金が110,000円→45,000円になった

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、238社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます。